データ ソース

Reveal SDK は、分析ツール、コンテンツ マネージャー、クラウド サービス、CRM、データベース、スプレッドシート、公開データ ソースなど、30 を超えるデータ ソースをサポートしており、毎月さらに多くのデータ ソースが出荷されています。 データ ソースは、ダッシュボードのどこからデータが取得されるかを定義します。各データ ソースには、接続文字列、ユーザー ID、パスワードなど、データに接続してデータを取得するためにコードで設定した固有のプロパティがあります。

Reveal SDK には、データ ソースに関して 2 つの概念があります。

  1. データ ソース - これはデータの主要なソースです。たとえば、SQL Server をデータ ソースにすることができます。
  2. データ ソース項目 - これは、データ ソースから利用できる特定の項目です。例えば、SQL Server の特定のテーブル。

データ ソース (データ ストア) とデータ ソース項目 (データ項目) は、Reveal View の [データ ソースの選択] ダイアログで別々に分類されます。

Reveal SDK を使用してデータ ソースまたはデータ ソース項目を追加するには、RevealView.onDataSourcesRequested イベントにイベント ハンドラーを追加します。イベント ハンドラーでは、ダッシュボードで使用されるさまざまなタイプのデータ ソースまたはデータ ソース項目のインスタンスを作成するコードを記述します。次に、それらのインスタンスをイベント コールバックに渡して、使用できるようにします。

var revealView = new $.ig.RevealView("#revealView");
revealView.onDataSourcesRequested = (callback) => {
    //create data sources and data source items
    var sqlDataSource = new $.ig.RVSqlServerDataSource();
    ...
    var sqlServerDsi = new $.ig.RVSqlServerDataSourceItem(sqlDataSource);
    ...

    //provider data sources and data source items in callback
    callback(new $.ig.RevealDataSources([sqlDataSource], [sqlServerDsi], true));
};
  • データ ソースは、コールバックの最初のパラメーターに配列として提供されます。
  • データ ソース項目は、コールバックの 2 番目のパラメーターに配列として提供されます。
  • 3 番目のパラメーターは、[データ ソースの選択] ダイアログのデータ ソースとデータ ソース システムの表示を制御します。

サポートされるデータ ソース

次のデータ ソースが Reveal SDK でサポートされています:

  • Amazon Athena
  • Amazon Redshift
  • Box
  • CSV (カンマで区切られた値)
  • Dropbox
  • Excel / Microsoft Excel
  • Google アナリティクス
  • Google BigQuery
  • Google ドライブ
  • Google スプレッドシート
  • Hubspot
  • インメモリ データ
  • Marketo
  • Microsoft Analysis サービス
  • Microsoft Azure Analysis Services
  • Microsoft Azure SQL Database
  • Microsoft Azure Synapse Analytics
  • Microsoft Dynamics CRM
  • Microsoft Reporting Services (SSRS)
  • Microsoft SQL Server
  • MySQL
  • OData Feed
  • OneDrive
  • Oracle
  • PostgreSQL
  • Quickbooks
  • REST API
  • Salesforce
  • スプレッドシート (XLSX、XLS)
  • SharePoint
  • Sybase
  • TSV (タブで区切られた値)